レグナードのターンエンド行動を把握しよう

レグナードは残HPや怒り(激怒)状態か否かによりターンエンド行動がコロコロ変わります。
この行動変化を理解して、予め察知しておくことで戦闘を有利に進めることが可能なので紹介致します。

近接職業

近接職業はターンエンド行動「通常攻撃」の有無を確認する必要があります。

何故ならパラディンの戦闘不能要因のほとんどが大防御遅れによる通常攻撃、所謂ツンツン落ちだからです。

近接職用エンド通常攻撃有無表
HP通常時怒り時激怒時
75%以上
50%以上
50%以下*1
確定咆哮前の通常攻撃~確定雷槌まで無し(*1)
HP100%からHP75%まで

通常時、怒り時、共に通常攻撃があるので初めは気が抜けません。早めの大防御を心掛けることや、僧侶は女神の祝福をして保険をかけましょう。

HP75%からHP50%まで

ターンエンドに通常攻撃がなくなるので、敵の特技発動の文字を見てから大防御を押しても対応できます。楽が出来る区間です。

HP50%からHP0%まで

HPが黄色くなってしばらくは大丈夫です。確定雷槌までターンエンドに通常攻撃がありません。ただし激怒時は通常攻撃があるので注意してください。

遠隔職業

遠隔職業はターンエンド行動「ウイングダイブ」と「テールスイング」の有無を確認する必要があります。

把握しておけば、ターンエンドを気にせず攻撃魔法(メラゾーマ)を撃ち続けることが可能か判断することができるからです

遠隔職用エンドダイブ有無表
HP通常時怒り時激怒時
HP75%以上
HP50%以上
HP50%以下
共通事項

表より、特に「ウイングダイブ」は怒り時とHP50%以下でエンド行動になくなる事を意識するだけで闘い方に余裕ができると思います。

遠隔職用エンドテール有無表
HP通常時怒り時激怒時
HP75%以上
HP50%以上
HP50%以下○*2○*2
確定咆哮前の通常攻撃から確定雷槌までの通常時、又は怒り発生時は有り(*2)
HP100%から75%まで

序盤は怒りを取るまでターンエンドのウイングダイブに警戒しながら闘う必要があります。

HP75%からHP50%まで

どちらかは必ず来るので、後衛は常に警戒が必要です。

HP50%からHP0%まで

ターンの開始に抽選されたウイングダイブ以外は使用しなくなります。ターンエンドでダイブを使用しなくなるだけなので過信は禁物です。

基本的にテールスイングは来ると思って警戒していたほうが無難です。フワフワわたアメ使用でずっとチャンスタイムです。さらに激怒時は後衛にとって危険な特技は何もないので超チャンスタイムです。

補足と一言

HP50%以下が少し複雑ですが、要は雷槌を境に変化すると覚えるといいでしょう。

クリックでランキングポイントが入ります。応援お願いします♪(1日1回有効)