輝石のベルトの各効果付与率を特定しました!

輝石のベルトに付与する効果を大量に調査することにより、付きやすい効果と付きにくい効果を特定しました。

封印数0で輝石のベルト徹底再解析

輝石に付く効果をいくつかのカテゴリに分類します

カテゴリ別にどの程度の確率で効果が付くかを調査することにしました

調査結果から、効率の良い輝石封印の手法を考えていきます

このようにカテゴリ分類してみました

ステータス

HP/MP/攻/守/器/素/洒落/攻魔/回魔

属性

炎呪文/氷/風/闇/光 炎特技/氷/雷/風/土/闇/光

攻撃時

毒/猛/眠/マ/混/幻/魅/ヘナ/ルカ/封/ぶ/書/テ/マホ/リホ

耐性

省略

開戦時

省略

特効

竜/虫/獣/屍/植/怪/悪/エレ/鳥/物/スラ/マシン/水

他1

会心/速度/暴走/消費/移動/反射

他2

戦闘勝利時HP回復/MP回復/通常1.1倍/レア1.1倍

実測して出現数と確率を表にしました

X値 = (出現数 ÷ 種類数) / 10

更新日時:2016/05/03 10:20
カテゴリ 種類数 出現数 確率 X値
ステータス 9 189 12.1% 2.10
属性 12 235 15.1% 1.96
攻撃時 15 295 18.9% 1.97
耐性 16 150 9.6% 0.94
開戦時 14 280 18.0% 2.00
特効 13 261 16.8% 2.01
その他1 6 126 8.1% 2.10
その他2 4 22 1.4% 0.55
合計 89 1558 100.00%

X値は言い換えると「一つの効果の出現しやすさ」にあたります

カテゴリ内の種類数が一定ではないので一つの効果の出現しやすさを視覚的に確認するために記入してみました

X値を見てわかるように付きやすさの傾向はほぼ特定できました

分かりやすく説明するとカテゴリ:耐性とその他2以外一つ一つの効果の出現率はほぼ一緒だったという単純で明快な話です

表の結果から導き出された効率の良さそうな封印考察

耐性の出現頻度は低いのでなるべく封印しない

その他2の封印は効率が悪いのでしなくてもよさそうです。ついたら事故と割り切るぐらい低確率です

それ以外のカテゴリ内の一つ一つの効果の出現率は全部一緒っぽいので、自分の都合で好きなように封印してOKってことになります

追記

その他のカテゴリ分けに無視できない差があるためその他1その他2に分けさせていただきました

関連記事

輝石の神ベルトを入手するための封印手引き
調査結果から分かったことを誰でもわかるように超簡潔にまとめてあります。 そこから良ベルトが出や...

コメントエリア [表示する] 3

  1. 雪豹 より:

    解析が綺麗に出来て良かったと思っています
    一応継続して調査は続けているので
    この結果に偽がないかをつきつめていこうと思います

  2. 匿名 より:

    参考になりました!

  3. 匿名 より:

    すばらしい。参考になりました。

コメントエリア[非表示にする]


トップヘ