タロットのダメージとファランクスの関係

占い師で剣盾をメインに闘うときのファランクスとタロットでのダメージについてを考えてみました。

ファランクスとは

DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki*【ファランクス】によると

30秒間敵に与えるダメージが25%減少してしまうが、その代わり敵から受けるダメージを25%減少させる。

メリットとデメリットが等価交換のような説明文となっていますね。

タロットのダメージについて

基本ダメージをパッシブスキルによって4倍(400%)にして最終ダメージとしているようです。

詳しい解説はホイミソ堂様の【攻魔依存のタロット解説その1】がとても分かりやすいのでお奨めです。

タロットの計算式

(基本ダメージ) x [100%(基本) + 300%(パッシブ3つ)]

[]内にあらゆる与ダメージ増減(ガジェット+100%、ファランクス-25%、宝珠、ベルト特効など)の計算式が代入されて最終計算されるようです。

要するに、占い師のタロット攻撃は常に強化ガジェット零式を3枚重ね掛けした上に乗っかって攻撃している状態です。

詳しい解説はゆきらぼ! inドラクエ10様の【ドラクエ10 ダメージ計算のすべて ~ 完成版~】がとても分かりやすいのでお奨めです。

基本ダメージの求め方は各アルカナによって異なるので今回は省きます。

つまりファランクスの25%減少はここに入る

(基本ダメージ) x [400%-25%(ファランクス)]

よって実質ダメージ減少率は25/400×100 = 6.25(%)です。

ちなみにここに魅惑の水晶球が入ると25/600×100 = 4.17(%)です。

まとめ

タロットで攻撃するときファランクスの与ダメ減少は実質5%程度です。

タロット攻撃をメインとしたときファランクスのデメリットは少ないので、占い師は積極的に使って良いことが分かりました。

ひとこと

特殊な計算をしている関係でスライムウィップの全ダメージ+5%が実質1.25%しかアップしていなかったりとメリットを相殺していることも忘れてはいけません。

今回はいろいろなサイトの情報を元に記事を書かせていただきました。リンク元の情報者様には本当に感謝致します。

コメントエリア [表示する] 6

  1. 匿名 より:

    スライムウィップって占い師ではほとんど意味がないんだ・・・
    ということは占いは片手剣が基本かのう

    • 雪豹 より:

      鞭の本領は状態異常+100%による隠者と塔の耐性ダウンのほうでしょうね。
      あとスライムウィップは攻撃魔力がついているので火力アップには貢献してくれます。
      ただ鞭と弓は防御力に難があるので個人的に剣盾か棍が好きです。

  2. ワカ より:

    こういう情報が広がるのは、良いですなあ。

    ブログランキングの上位には、こういう情報が少なくて、ここのブログには、本当に感謝です。

    • 雪豹 より:

      そうですね。最近邪神では開幕ファランクス早くこないかなぁとコマンド連打してます。
      ファランクス→アイギス→ファランクスと1分30秒は安全な時間帯を作れますからね!

  3. モンゴる より:

    この情報は寝耳にウォーターでした!教えて下さってありがとうございます、占い師の戦い方がかわりますねこれ。

    • 雪豹 より:

      知識としてあるかないかで行動の幅が全く変わりますね。
      邪神など戦闘不能危機の高い戦闘ではファランクスの優先度を限りなくあげることにしました。今回の邪神で特に良く感じるのは暴虐の悪夢のはやぶさ斬りを耐えるところですね。

コメントエリア[非表示にする]


トップヘ