炎の宝珠の便利な扱いかた

ステータスや耐性を強化できる炎の宝珠のお奨めな扱いかたの紹介です。

以前に紹介した闇の宝珠の便利な扱いかたと同様に常に装備しておきたい宝珠をまず決めて、残りを調整としています。

炎の石版画像

炎の宝珠確定枠8種

上記画像の8つを基本宝珠として常に装備しています。

宝珠強化枠

強さに直接関与するさいだいHP、ちから、きようさ、会心率、攻撃魔力の5つを強化しています。

宝珠未強化枠

みのまもり、かいふく魔力、身かわし率の3つは用途に応じて余ったポイントを使ってレベルを上げています。

炎の宝珠未確定枠4種

残りの4枠に邪神や常闇で必要な鉄壁の〇〇耐性を付け替えて対応しています。

現在は常闇対策で鉄壁の雷耐性と闇耐性を装備し、邪神対策で鉄壁の攻撃呪文耐性と風耐性を装備しています。

まとめ

まず常に装備するステータスアップ系の宝珠を決める。

余った枠で耐性宝珠を付け替えで対応する。

ひとこと

ステータスを強化する宝珠は自分の職業環境を考慮して自分なりの調整をしてみてください。

微々たるステータスアップも積み重ねが大事だと思っているので、炎の宝珠は2玉で12種装備したほうが総合力で勝ると認識しています。

クリックでランキングポイントが入ります。応援お願いします♪(1日1回有効)