王家の迷宮の1-13階周回と12階ループ比較

周回効率にもっと差があるものとばかり思っていたら・・・!?

3.4後期の冥府確率アップ前の検証記事になります。

調査条件

調査を平等にするため、輝きの大臣はいっさい入手しない

入手した輝石のベルトはすべて輝石に還元したとする。各箱の輝石係数については独自に調査した箱の中身の集計に基づいています

すべてのデータはOpenOffice.Calcにまとめたデータを基にしていますので、確認してみたいかたはダウンロード可能です

まずは比較するに値する調査数に達しているかを確認してみました

調査数が少なすぎると冥府やボーナスミミックの影響で大きなブレが発生してしまいますよね

そこで!まずはある程度確率の収束が数値として表れる調査数に達しているかを確かめてみたんです

調査条件を基に輝石還元率と平均輝石消費数を求め、周回ごとの推移率を表にしてみました!

12階ループ輝石還元率推移調査
階数 輝石還元率 平均輝石消費
10 118.93% -0.57
20 111.69% -0.35
30 98.97% 0.03
50 110.83% -0.32
100 96.03% 0.12
150 85.85% 0.42
200 84.84% 0.45
250 84.62% 0.46
270 84.16% 0.48
1000 0.50?

12階を150回ほど調査したところからだんだんと収束してきたようです!

周回効率はこのあたりの数値とみなして良さそうな気がしますね

1-13周回輝石還元率推移調査
周回数 輝石還元率 平均輝石消費
1 101.83% -0.05
2 85.67% 0.43
3 92.18% 0.23
5 95.51% 0.13
10 84.88% 0.45
15 81.27% 0.56
20 81.03% 0.57
25 81.84% 0.54
27 82.57% 0.52
100

こちらも似たような感じになりましたね!

王家推移グラフ

ここで入手出来たすべての箱を見比べてみましょう

12階ループ(270回)
1223 862 205 51 19 158
1-13周回(325回)
1469 881 221 60 81 193

表からわかったことまとめてみました

輝石還元率推移表を見比べて、12階ループと1-13周回の周回効率に大きな差はないことがわかりました

入手した箱を見比べて、1-13周回のほうが圧倒的に天箱入手が多いことが見て取れるかと思います

王家の迷宮とは如何に天箱竜箱を多く入手し、良いベルトを手に入れる確率を上げるかの戦いですので

周回効率に大きな差がないこの状況で天箱を多く入手できる1-13周回が圧倒的勝利といっても過言ではなさそうです

完全決着!王家の迷宮は1-13周回で決まり!

コメントエリア [表示する] 2

  1. あぴ より:

    大臣の使用未使用の差はどんなかんじかしら?

    • 雪豹 より:

      ごめんなさい。大臣取得のみのデータはまだあまり取ってないのです
      ただ仕様的に大臣取得は時間効率は上がりますが周回効率は必ず下がります

      例えばボス前竜箱のみ取得したとしましょう
      輝石を3つ追加で使って竜箱を2つ取ると輝石は必ず-1個されますよね
      しかも大臣なしで取得できるはずだったボス前の箱2個を失ってです

      確率が2倍になった化身やミミック出現率は
      大臣を取得せず2回消化するのと、大臣を取得して1回消化するのでは一緒ですね?

      つまり仕様上大臣を取得すると必ず輝石を1個以上失うことになるので
      輝石還元率(平均輝石消費数)は大幅に下がるのです

      現在大臣取得なしで1回王家消化するごとに使う平均輝石消費数は0.5個付近ですけど、
      予想では大臣を1個取得すると1.5個に両方取得すると2.5個ほどになりそう

      輝きの大臣は輝石を売って時間を買っているのです

コメントエリア[非表示にする]


トップヘ