海冥主メイヴのゲノムバース対策情報(1)

海冥主メイヴの攻略に欠かせないゲノムバースについて、いままでの対策知識や意見をまとめておきました。

ゲノムバースとは

ゲノムデビルがマップ中央付近に召喚され、青の守護石と黄色の守護石が(ダークスライムの援助として?)召喚されます。

数十秒後にゲノムデビルの黄(青)なる海冥の浸食!によってマップ全域に9999×2のダメージを与えてきます。

対策1、指定の位置に退避する

ゲノムデビルが指定した色の守護石付近に出現する魔法陣の中に入ると浸食によるダメージを守護(無効化)してくれます。

対策2、指定時間に石を破壊する

守護石をプレイヤー側の攻撃によって破壊すると2秒間守護がマップ全域に広がるのでタイミングよく破壊します。

守護石破壊

海冥の浸食はゲノムデビル着地から22秒後に発動します。着地から20秒~22秒の間に破壊すれば守護が全体化されます。

また、ゲノムデビルが「始原の魔力を練り始めた…!」と吹き出して、床色が変色してから10秒後に発動します。床色変色から8秒~10秒の間に破壊すれば守護が全体化されます。

守護石破壊効果

守護石の破壊によってパーティ全員にためる2回の効果が発動します。2個破壊すればためる4回になり、踊り子の荒神の舞いと同等の効果になります。

タイミングの取り方

海冥の浸食発動までに2点のチェックポイントがあるためWチェック対策が望ましいです。

まず、ゲノムデビルが着地したら左上時計秒数の一桁の秒数を確認し、破壊タイミングがその確認秒数+2秒までの間だということを察知する。

着地時間を確認できなかったときは床色変色から8秒後の破壊に切り替えます。

チャットで報告すれば破壊するプレイヤーの事故にも対応できるでしょう。
通常攻撃で破壊

全武器で準備時間0秒なので実行ボタンを押した瞬間に確定します。

弓の通常攻撃など、見た目は数秒待機があるような動作のある武器でも準備時間はないということに注意してください。

塔で同時破壊

広範囲の塔のタロットをゲノムデビルをターゲットに放つことによって両方の守護石を同時に割るテクニックです。

塔のタロットの仕様

初期範囲は7mです。マッドスミス2枚により+2mされて9mになります。発動待機時間は1.0秒となってますが実質発動時間は1.2秒~1.6秒と違うので注意が必要です。

この誤差はキャラの振り向きや移動によって発生するので、なるべくターゲットの方向を向くことで対策できます。
塔による破壊タイミング

発動待機時間を考慮して早めに放つことが重要です。

ベストなタイミングは破壊可能時間開始から1.0秒前のところで塔のタロットの実行ボタンを押すことです。

塔の範囲漏れに注意

守護石とゲノムデビル両方がメイヴ本体によって移動する可能性があります。この移動による範囲漏れは現在目視によって察知するしか対策はありません。

ゲノムデビルの出現位置と守護石の距離

ゲノムバースは各クリスタルまでの初期位置が青9m 黄色7mと偏ってるそうです。青い守護石が指定されたとき、少しでも動いたら塔(7m+2m)の範囲外になるので注意してください。

距離が少しでも不安と感じたら指定色の守護石を直接ターゲットして直接破壊することに切り替えてください。

実践での流れ

ファーストチェックポイント

まずゲノムバースを確認したらゲノムデビル着地の一桁秒数を報告します。報告一桁秒数の1秒前に塔の実行ボタンを押して全体守護化完了となります。

セカンドチェックポイント

ゲノム着地時間を確認ミスしたらこちらのフェーズに移行します。床色変更から7秒後に塔の実行ボタンを押して全体守護化完了とします。

サードチェックポイント

すべての確認を怠ってしまったら今迄の経験によるカンによって塔の実行ボタンを押してください…。

補足と一言

破壊のタイミングの取り方は自分にあった方法を見つけるようにしてください。また、間違い等ございましたらご指摘くださると助かります。

クリックでランキングポイントが入ります。応援お願いします♪(1日1回有効)