召喚符アクセサリの合成状況と確率予想

風雷の印籠、氷闇の月飾り、炎光の勾玉の合成状況と確率予想です。調査数を少し増やして表にまとめましたので紹介します。

合成状況

各効果の出現数を表にまとめました。

合成状況表
風雷 氷闇 炎光
攻撃力+2 4 4 4
攻撃力+3 5 3 2
HPと重+2 6 4 5
HPと重+3 5 6 2
HPと器+3 8 11 3
HPと器+4 8 10 1
HPと速+3 8 10 3
HPと速+4 4 4 3
速と器+4 8 6 4
速と器+5 4 7 2
60 65 29

同種のアクセサリと仮定してすべての効果の付与確率は一緒と考えられます。各効果の出現率を合算して求めてみることにしました。

更新履歴

更新前

以前少し調査したときの確率分布表です。

合成効果表
合成効果 回数 確率
こうげき力+2 10 9.01%
こうげき力+3 8 7.21%
HPとおもさ+2 12 10.81%
HPとおもさ+3 7 6.31%
HPときようさ+3 16 14.41%
HPときようさ+4 13 11.71%
HPとすばやさ+3 12 10.81%
HPとすばやさ+4 8 7.21%
すばやさときようさ+4 15 13.51%
すばやさときようさ+5 10 9.01%
総計 111 100.00%

最大値を含む効果が若干付きづらい程度としか判断できませんね。

更新後

今回の更新で氷闇の月飾りの合成数を増やしてまた表にまとめてみました。

3種合算表
合成効果 回数 確率
こうげき力+2 12 7.79%
こうげき力+3 10 6.49%
HPとおもさ+2 15 9.74%
HPとおもさ+3 13 8.44%
HPときようさ+3 22 14.29%
HPときようさ+4 19 12.34%
HPとすばやさ+3 21 13.64%
HPとすばやさ+4 11 7.14%
すばやさときようさ+4 18 11.69%
すばやさときようさ+5 13 8.44%
総計 154 100.00%

合成サンプルが増えたことで少しだけ見えてきた規則性を基に確率を予想してみることにしました。

確率予想

実測確率と予想確率を表にまとめました。

実測と確率予想表
合成効果 合算 実測確率 予想確率
攻撃力+2 12 7.79% 12%
攻撃力+3 10 6.49% 8%
HPと重+2 15 9.74% 12%
HPと重+3 13 8.44% 8%
HPと器+3 22 14.29% 12%
HPと器+4 19 12.34% 8%
HPと速+3 21 13.64% 12%
HPと速+4 11 7.14% 8%
速と器+4 18 11.69% 12%
速と器+5 13 8.44% 8%
154 100.00%

付与効果は全部で5種類x2なので無理やり整合性を合わせて確率予想を設定するとこんな感じになるのではと思います。

お奨め合成と用途

職業により有効に使えるステータスが異なるので全部作るのが理想ですが…。

使用頻度と倉庫問題を考慮してあえて数を絞って作っておくなら何が良いかを考えてみました。

風雷の印籠

伝承はすべて雷耐性が無難でしょう。

現在伝承元のアクセサリは簡単に作れるため風耐性が必須級になったときに作成を考えても十分対応できると思います。

さいだいHPとおもさ+3

レグナードの重さ確保に必須です。

さいだいHPときようさ+4

きようさは特技補正や会心暴走率で参照される重要なステータスです。

きようさか?すばやさか?どちらか1つ作るとしたらやっぱりきようさでしょう。

こうげき力+3

ツメ特技の強化で価値が上がっているので是非作っておきたいところです。

氷闇の月飾り

伝承はすべて闇耐性が無難でしょう。

おもさは必要ないので、さいだいHPときようさ+4、こうげき力+3の2種を作っておけば間違いはないでしょう。

炎光の勾玉

必須アクセとなるコンテンツがないのでなんでもいいでしょう()。

補足と一言

炎光の勾玉の有効な利用手段が未だに少ないので必須となるような強敵ボスの実装が求められます。

付与効果数が多すぎて希望の効果が全くこないという状況は十分考えられるので各理論値を作成する場合は柔軟な対応が必要になってくるかもしれません。

コメントエリア [表示する] 0

コメントエリア[非表示にする]


トップヘ