武器&職業切り替え式のハイブリッドなスキル調整案

やりなおしの宝珠の自由化によりスキル調整が素早く出来るようになりました。

工夫したスキル調整で多くの職業を手軽に準備できるようになるので紹介します。

スキルシュミレーター

今回の調整をスキルシュミレーターで確認できるようにしておきました。

→スキルシュミレーターURL

調整案

今回の調整ではメイン職業を戦士、僧侶、魔法戦士、まもの使い、踊り子、占い師としています。

メイン
職業調整固有残り
戦士631510
僧侶631510
魔法戦士631510
まもの使い171510
踊り子32110
占い師631510

このような感じで固有スキルに151ポイント振り、残りを調整とします。

調整用職業
職業調整固有残り
魔法使い126880
武闘家134800
盗賊132820
旅芸人132820
バトルマスター132820
スーパースター172420

メイン職業で使う武器スキルは調整用職業から切り替え式で割り振ります。

武闘家でツメ➡棍、盗賊でムチ➡短剣、バトマスで片剣➡両剣➡ハンマ、スパスタでスティ➡扇。他職は不足分の調整に割り当てています。

武器切り替え式スキルの振りかたは下記ブログカード記事を参考にしてください。

効率の良いスキルの振りかたを考えました

さて今回の目玉調整はここからです。

武器スキルが重なってなかなか同時にこの職業すべて出せますとは言い難い状況にありましたが、今回のこの調整でそれを打破します。

切り替え可能職業
職業調整固有残り
パラディン082132
レンジャー638269
賢者628270
どうぐ使い090124

固有スキルを最低限までしか振らず、残りは調整用に残しておくのです。

基本的に残りスキルを固有に加算して151Pに割り振り、他職から希望の武器スキルを狩りてくることで対応します。

特に難しかったハンマーと槍の両立に関してはバトルマスターの片手剣スキル132Pをリセットしてハンマースキルとして132P借りてくることで対応可能です。

どうぐ使いは固有151P、ハンマー140P(プレパク)、槍180P、ブーメラン180P、弓180Pの4種の武器を実用レベルに引き上げる調整も可能です。

補足と一言

やりなおしの宝珠の消費を躊躇しない人向けのスキル調整だと思います。常にこの状態を維持するために3,000Gのやりなおしの宝珠が複数個必要になるからです。

大事にしているのは職業準備が瞬時にできるか否かです。5分程度で用意できない職業は例え装備や宝珠があってもすぐ出せますとは言えませんよね。

クリックでランキングポイントが入ります。応援お願いします♪(1日1回有効)