錬金道具の星0と星3の差について検証

錬金道具の星0と星3の数値上の差は大成功度のみですが、発光確率や必殺チャージ率に変化があるのかを検証してみました。

今回は安価に検証できるプラチナ道具星0と星3を500回ずつ回した時のデータを比べています。信頼性を高めるため、他の種類の道具でも検証をする予定ですのでご了承くださいませ。

必殺チャージ率について

Lv45とLv57にパッシブスキル必殺率小アップがあります。

今回の検証ではLv57に到達していないので必殺率小アップのパッシブは1つのみです。2つになった時との差については後日記事に出来たらと思っております。

また攻略本の記述より集中力の多い特技を使用したときのほうが必殺チャージ率が高いようなので、その差についても少し検証してみることにしました。

星0
プラチナ星0
回数消費確率
成功率プラス3410120.44%
必殺回数151/228
星3
プラチナ星3
回数消費確率
成功率プラス5002120.50%
必殺回数251/201
パルプラス265570.19%
必殺回数51/531

消費12の成功率プラスで約1/200前後、消費7のパルプンテプラスで約1/500前後と大幅に違いが出ました。

星0と星3の差については分母があまりにも大きく、1、2回の誤差で同一確率になってしまうのでさらなる検証が求められます。

必殺チャージ率についての疑問

以下の2つの疑問が生じていました。

一、特技ごとに必殺チャージ率の確率が設定されている。

二、1集中力あたりの必殺チャージ率係数が決まっていて、消費集中力x係数で必殺チャージ率が求められている。

今回の検証で集中力7の特技と集中力12の特技で2倍以上の差がでてしまったので、案二は否定されてしまった感があります。

LV57に到達して必殺チャージ率が高くなったほうが誤差の影響が少なくなるので今後の検証が待たれる状況です。

案一だった場合、チャージ率が優遇されている特技を連打するなど新しい可能性を模索できるのではないかと考えています。

発光確率の差について

星0
プラチナ星0
回数確率
通常35971.80%
6513.00%
397.80%
全黄214.20%
163.20%
500100.00%
発光14128.20%
星3
プラチナ星3
回数確率
通常34769.40%
6713.40%
448.80%
全黄214.20%
214.20%
500100.00%
発光15330.60%

発光確率は合算で約2.4%ほどの上昇がありますが、内部割り振りの傾向に大きな変化はないようです。

誤差としての許容範囲内でもあるので実質大きな変化はないという結論でも良さそうな感じがします。

今後試行回数を1000回に増やしたり、他の道具でも差を比べてみることで信頼性を向上させてみる予定です。

補足と一言

全体的に星3が少しだけ確率優遇されているデータとなりましたが、出来の良さは大成功の確率が上がるのみと認識しておいたほうが良い程度の差です。

誤差の範囲でもあるので今後の追加検証が必要という認識です。調査には結構時間を有しますが頑張ってみますのでどうかよろしくお願いいたします。

クリックでランキングポイントが入ります。応援お願いします♪(1日1回有効)