錬金道具調査記録【銅】

銅の錬金道具の発光確率、必殺チャージ率などを調べて記録を付けています。

出来の良さによる差を調べるために星0と星3の両方で調査をしてみましたので比較した記録を紹介します。

以前にも少し似たような記事を書きましたが、今回は銅の錬金道具に絞ってより詳細に調べてみました。

発光確率と分布

試行回数に差がありますが、まず発光確率と分布を表にまとめました。

調査表
  • 星0
  • 星3
銅星0
- 回数 確率
通常 853 84.88%
82 8.16%
56 5.57%
全黄 0 0.00%
14 1.39%
合計 1005 -
発光 152 15.12%
銅星3
- 回数 確率
通常 446 84.95%
42 8.00%
32 6.10%
全黄 0 0.00%
5 0.95%
合計 0525 -
発光 79 15.05%
傾向

星0の総発光率は15.12%、星3の総発光率は15.05%、内部分布にも大きな差は見受けられませんでした。

発光確率と内部分布に道具の出来の良さはほぼ無関係ということが分かりました。

必殺チャージ率

体感ですが星3の道具を使っていると、それ以外の出来の良さの道具とは必殺チャージ率に差を感じます。実際にどうなっているのかを調べてみることにしました。

現在レベル55付近でパッシブスキルの必殺率小アップが1つの状態です。Lv57より2つになるので、その差については今後の調査で比較してみようと思います。

調査方法

消費集中力が多いほうがチャージ率が高いことが攻略本などに記載されています。

よって同一特技での必殺率を調べたほうが良いので、消費12の成功率プラスでの必殺出現率を調べてみることにしました。

調査表

共に約5000回成功率プラスを使用してチャージ回数と確率を表にまとめました。

  • 星0
  • 星3
星0
必殺小x1 回数 確率
必殺回数 12 0.23%
成功率プラス 5298 1/442
星3
必殺小x1 回数 確率
必殺回数 22 0.40%
成功率プラス 5552 1/253
傾向

星0のチャージ率は1/442、星3のチャージ率は1/253と大きく差がつきました。

分母が大きいので確率の誤差が大きそうですが、今回の調査で星3のほうが必殺チャージ率が高いことがわかりました。

補足と一言

確率に関しては分母の100倍~1000倍は試行しないと確実に信頼はできないため、同条件で調査したときは違った結果になる可能性があります。

違った条件にしても同じような傾向にあるか調べてみないことにはファイナルアンサーは出せませんので目安程度としていただけると助かります。

現在は銅からプラチナへ変えて同じように調査をはじめています。この調査結果と似たような傾向になれば信憑性が増すと思います。

コメントエリア [表示する] 0

コメントエリア[非表示にする]


トップヘ