ダメージ計算の基礎③ 【補正】

(基本ダメージ)に掛け算される(補正)について詳しく解説します。

補正

補正には大きく分けて5種類存在します。

[1]装備の一部、宝珠、スキル、種族特効などで増減する(与ダメージ増減)

[2]輝石、戦神のベルトで強化される(属性ダメージアップ)

[3]テンションを上げることによって増加する(テンションアップ)

[4]フォースブレイクなどで敵の属性に対する耐性を下げる(属性耐性増減)

[5]レボルスライサー、災禍の陣、愚者の陣などによる(被ダメージアップ)

そして、同枠[]の中は加減算別枠は乗算という計算がされまるので以下のような計算式になります。

(補正) = [1] x [2] x [3] x [4] x [5]

となり、結構複雑な計算をして最終的に算出されます。

[1]与ダメージ増減

増減という表記の通り、バッドステータスにより減少も含まれます。

増加一覧

プレイヤー側で利用できる一部を表にまとめました。その他に敵が使用してくる専用スキルによっても与ダメージ増加が発生します。

与ダメージ増一覧表
名称 上昇値
ウォークライ +50%
マジックルーレット* +10%~+50%?
宝珠 表記数値
160以降セット効果 表記数値
種族特効 表記数値
強化ガジェット零式 +100%
全ての攻撃ダメージ+ 表記数値
占い師のタロットのみ
名称 上昇値
魅惑の水晶球 +200%
タロットのダメージアップ* +100%
減少一覧
減少一覧
名称 上昇値
小人化 -50%
ファランクス -25%

[2]属性ダメージアップ

属性ダメージアップ
名称 上昇値
輝石のベルト 表記数値
戦神のベルト 表記数値

[3]テンションアップ

テンションアップ
名称 上昇値
テンション5 +50%
テンション20 +100%
テンション50 +150%
テンション100 +250%

[4]属性耐性増減

増減という表記の通り、対象の属性耐性のステータスにより修正が加えられます。

属性耐性増加
属性耐性増加
名称 上昇値
常闇Lv1 全-10%
常闇Lv2 全-15%
常闇Lv3 全-20%
常闇Lv4 全-25%
他の敵 敵固有のステータス設定で変化

ちなみに敵は耐性増加のみでなく、弱点として耐性低下している敵も多くいます。

属性耐性低下
属性耐性低下
名称 上昇値
フォースブレイク大 全+100%
フォースブレイク小 全+50%
ダークネスショット 光+50%
各種ステップ +50%
各種タロット +50%
アンルシアの通常攻撃 +50%

フォースブレイクの全属性低下と他の単属性低下は重複されます。

[5]被ダメージアップ

被ダメージアップ
名称 上昇値
レボルスライサー +50%
ケルベロスロンド +50%
愚者の陣 +20%
災禍の陣
名称 上昇値
タロットダメージ +50%
属性ダメージ +50%

例外

補正の外側に加算される特殊な効果があります。死神のピアスや160~180スキルにセットできる特技ダメージ+の効果です。

これは(与えるダメージ)の計算をして求めた数値の最後に加算されます。よって最終的に敵に与えるダメージ、最終ダメージは

(最終ダメージ) = (与えるダメージ) + (特技ダメージ+の合算)

ということになります。

まとめ

補正は5種類存在する。

同種の補正の内部は足し算、引き算をする。

5種類の補正をすべて掛け算したものが最終的な(補正)になる。

特技ダメージ+は例外である。

補足と一言

ダメージ計算の基礎④ 【バイキルト】
バイシオン、バイキルトは攻撃力を上昇させるドラゴンクエストシリーズお馴染みの魔法です。 ドラゴ...

コメントエリア [表示する] 0

コメントエリア[非表示にする]


トップヘ