レグナード用タロットデッキ【魔力型】

魔王のいざないのCT増加に伴い、戦車のタロットの連射型は利用できなくなるので必然的に魔力型が最適になります。

魔力型はサーチ特技の依存度が非常に低いです。また、手数が多く怒りを取るトリガーチャンスが多いので一撃戦車型より有利な点が多いです。

デッキ詳細

画像
一覧
デッキ一覧表
モンスター名 アルカナ
1 アトラス
2 バズズ 死神
3 ベリアル 皇帝
4 デュラン 死神
5 ネクロバルサ 魔術師
6 ネクロバルサ 恋人
7 ヘルバトラー 隠者
8 ヘルバトラー 隠者
9 ミケまどう 魔術師
10 ミケまどう 恋人
11 スイートトロル 正義
12 スイートトロル 正義
13 スイートトロル 罪人
14 スイートトロル 罪人
15 キングエレファント 隠者
16 キングエレファント 隠者
17 キングエレファント
18 キングエレファント
19 キングエレファント
20 モッツァレーラ 節制

取扱説明

基本的に悪霊の神々の3枚が揃ってオーラが宿るまでは手札に残していき、他のタロットを回転させていく周期オーラを利用したデッキになっています。

まず自力で引いた皇帝のベリアルをパラディンへ付与、その後魔王のいざないをして自分もしくは相方アタッカーへ付与していく手順が良いと思います。

塔と隠者による属性耐性減が期待できるので塔のアトラスで会心率をアップ、キングエレファントで手数を増やすことを目的としたデッキ構成になっています。

攻撃タロットが途切れることはほぼないので魅惑の水晶球はリキャストごとに最速で使っていくほうが良いでしょう。

節制のモッツァレーラで自分のMPは合計で100回復します。それ以外の19枚の消費MPの合計は丁度100程度なのでMPが枯渇することはありません。

装備

装備は鞭のスライムウィップを推奨。魔力があがり、180スキルの状態異常成功率+100%により属性耐性減を期待できます。

補足と一言

射程があまりにも厳しく追撃性能が高いので、火力を出すにはフワフワわたアメ必須かなと感じます。竜牙石入手のついでに結構取れるので、惜しみなく使っていくのも悪くないと思います。

ミケまどう2枚では怒りを取って咆哮の範囲外へ逃げることもほぼ出来ないので確実に辛い時代がくるのは間違いありません。なるべく1回目の確定咆哮は怒りキャンセルを狙いたいところですね。

コメントエリア [表示する] 0

コメントエリア[非表示にする]


トップヘ