海冥主メイヴのゲノムバース対策情報(2)

メイヴ討伐で常に意識しておきたいゲノムバース周りの確認事項を少しずつまとめていっています。

浸食時間の察知

着地、屈伸開始のWチェックポイントがあります。

着地判断

浸食は着地から22秒後に発動します。

着地の一桁秒数マイナス2秒を浸食発動時間として早期に察知できます。

屈伸判断

屈伸開始、もしくは床色変更から10秒後に発動します。

屈伸開始の一桁秒数を浸食発動時間として察知できます。

守護石の破壊

破壊によって守護が全体化する秒数は2秒間です。つまり浸食発動時間の2秒前から発動までの2秒間が破壊猶予時間です。

特技の待機時間に注意

通常攻撃は0秒、塔は1.0秒+α、ロストスナイプ1.7秒+αです。

塔とロストスナイプは浸食発動時間+3秒を意識して決定を押してください。

注意点として特技の射程距離外で「対象へ歩く」、又は対象と違う方角を向いていて「振り向く」などの行動がされた場合0.5秒以上のズレが発生します。

同時破壊

ゲノムデビルから守護石までの基本距離は青9.0m、黄色7.0mと偏っています。

ゲノムデビルと守護石の移動が全くないことを前提にするとスミス2枚でも同時破壊は可能です。

メイヴの反対側の守護石が選択されたときは塔で破壊して、メイヴの裏側の守護石が選択されたときは射程の長いロストスナイプでの破壊がお奨めです。

ゲノムバース後の特徴

メイヴはゲノムバース後に一定の確率で決められた行動をしてくるようです。行動予測をすることで、戦闘を有利に進めることが出来ます。

メイヴのLvごとの特徴を下記表にまとめてみましたので紹介致します。

メイヴIV

メイヴLv4の大きな特徴としてHP50%以上でゲノムバース後の1手目に超高確率で「どろはき」をしてきます。

距離を詰めてきたらほぼ「どろはき」なので、ターゲット把握をしてから「やいばのぼうぎょ」や「ファランクス」で1人受けを試みて早期に離脱したほうが無難です。

HP50%以上
行動頻度
1手目どろはき90%
その他10%
2手目デスファウンテン33%
回転アタック33%
通常攻撃20%
始原の雷撃10%
その他4%

HP50%以下になると1手目の行動に変化がありますので下記表を参考にしてください。

ショックウェーブと半々ぐらいの確率になっておりますが、距離を詰めてきたら高確率でどろはきという特徴は変わっていません。

HP50%以下
行動頻度
1手目どろはき45%
ショックウェーブ45%
その他10%
2手目デスファウンテン45%
暗黒海冥波45%
その他10%

その他は特技のCT制限により1手目がスキップされた場合に2手目の行動が発生しているようです。

メイヴI,II

Lv1,2の前半はゲノムバース後に通常攻撃→ショックウェーブの順で行動します。

ショックウェーブの向きはメイヴに一番近い人になりますので、前衛は向きを誘導して後衛を守るようにすると素敵です。

メイヴLv1,2
HP行動頻度
50%↑通常→ショックウェーブ確定
50%↓通常攻撃40%
ショックウェーブ20%
ギガデイン20%
その他20%
メイヴIII

HP50%以下では高確率で「通常攻撃」又は「ギガデイン」をしてきます。

距離を詰めてきたらほぼ「通常攻撃」なので、「やいばのぼうぎょ」や「ファランクス」で受けてから早期に離脱したほうが無難です。

ここで不用意に引っ張ってターンエンドの「回転アタック」や「海冥の威圧」を誘発させると非常に厄介です。

メイヴLv3
HP行動頻度
50%↑通常攻撃60%
デスファウンテン25%
始原の雷撃10%
その他5%
50%↓通常攻撃40%
ギガデイン25%
暗黒海冥波10%
ショックウェーブ10%
その他10%
頻度は雪豹の独自調査による目安です。

Lv3の表はゲノムバース後2手目までに実行されるメイヴの行動を調査したものです。

2手目までなので、例えばHP50%以上において約25%で選択されるデスファウンテンは25%の確率を2回抽選していることになります。

HP50%以上では通常攻撃←→デスファウンテンの組み合わせ、HP50%以下では通常攻撃←→ギガデインの組み合わせが高確率で出現するわけです。

補足と一言

個人的に着地判断は結構ズレるので、屈伸判断のほうが確実かなとは思います。

ゲノムバース後の行動頻度については継続して調査していく予定です。

クリックでランキングポイントが入ります。応援お願いします♪(1日1回有効)