常闇の聖戦での最適な闘い方を考える

敵との最適な闘い方はボスの特性によって変化します。常闇の聖戦ではどのような闘い方が良いのか考えてみました。

戦闘方法

敵との闘い方は基本的にこの3つに分類されます。

戦闘方法案
案1ターンエンドの行動に対処しながら闘う
案2反撃行動を発生させない程度に時間を稼ぎながら闘う
案3棒立ち、もしくは囲いながら闘う
案1

レグナードのように通常時に選択させる攻撃や特技があまりにも強力すぎるときに有効な闘い方です。

ターンエンドまで引っ張ることで多くの猶予時間を稼ぐ事ができるだけでなく、攻撃される時間や相手を限定できる利点があります。

ただし、エンド行動が強力な場合、エンド間際の「ツッコミ避け」「やいばのぼうぎょ受け」など高度なテクニックが要求されてしまう欠点があります。

案2

通常時に選択される攻撃がある程度対処可能であり、さらにターンエンドの行動のほうが厄介な敵で有効な闘い方です。

敵の攻撃対象になったら少しだけタゲ下がりして数秒だけ時間を稼いでから敵の行動を誘発させるようあたりに行きながら闘うのです。

誘発させる行動が少し強力なときは、時間を稼いでいる間に「ファランクス」や「やいばのぼうぎょ」の準備をしておくのが有効です。

反撃行動に注意

敵は反撃ゲージ、いわゆる接触ゲージというものを持っております。

ある一定時間以上相撲により接触しているとチャージされ、行動回数を+1回してくるのです。よって、このゲージが貯まり切る前に敵に行動させることが大事です。

不用意に追いつかれて攻撃され、すぐに反撃行動で壊滅!あるあるです。
案3

敵が非常に弱いときに有効な闘い方です。

各常闇対策

メイヴ

ターンエンドで行動してくる「回転アタック」の対処が難しいため基本的に案2が有効ですが、レベルによって闘い方が少し変化します。

メイヴ
I案2
II案2
III案1&案2
IV案1&案2

IIIより対象は回避不可能な「どろはき」が解放され、準備が整う前に行動を誘発させると簡単に壊滅します。

ダメージ減少の効果時間中、かつキラポン、聖女など準備万端なときは案2、それ以外のときは案1と状況によって使い分ける闘い方が有効になります。

ダークキング

基本的に案1が有効ですが、レベルによって闘い方が少し変化します。

ダークキング
I案2&案3
II案1&案2
III案1
IV案1

I,IIの後半までは反撃行動のみにしか厄介なキングプレスがないため、案2を主流に自由に行動させても簡単に勝利できます。

III以降は自由に行動させるとそれだけ多くクリスタルを呼ぶ機会を与えるため、基本的に案1で時間を稼ぐのが有効です。

レグナード

パラディンの相撲戦闘が主流ですので、いかなる場合も案1が有効です。

レグナード
I案1
II案1
III案1
IV案1

補足と一言

常闇のレベルによって最適な戦闘方法が変化するので、パーティ全員の戦闘方法統一が必要です。

例えばメイヴIなのに後衛が常に「案1」を採用してターンエンドまで逃げつづけると、前衛は終始ツッコミ避けを強いられて困惑しますよね。

「本日はレベル○だから、基本は案2で~状況見て案1で~」と予め知識として備えておくことが大事だと思うのです。

クリックでランキングポイントが入ります。応援お願いします♪(1日1回有効)